お問い合わせ
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
2021年 07月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 


製品のご紹介です。


   ■ HMC(ホットマジックカップ) ■

     ホットマジックカップ。
  
    HMC(ホットマジックカップ)は、
    シュリンクフィルムを容器胴部のスリーブ内面に巻き付け、
    容器にお湯(85℃以上)を注ぐと、そのフィルムが収縮し、
    紙スリーブが浮き上がり断熱層を形成します。

    スリーブが浮き上がる前は、
    スタック性に優れているので、輸送効率がアップします。


    従来の紙コップ形状の断熱容器は、
    容器と胴部のスリーブの間に空隙を作るもので、
    例えば、容器内の温度が90度ほどあれば、胴部の温度は65度程度となり、
    手で持つと少し熱く感じる温度でした。

    同容器では容器胴部から紙スリーブが完全に浮いた状態になるため、
    容器内の温度がどれほど高くとも手に感じる温度は一定しています。



     ホットマジックカップ。
        ホットマジックカップ。



   ■ 従来の断熱性容器 ■

    従来の断熱性容器は、容器と外スリーブの角度が異なるため、
    スタッキング時に外スリーブが容器の内側面と接触し、
    ブロッキングしてしまうという問題点がありました。

    スタッキング性が悪いと、輸送コストが増加し、
    ブロッキングによっては、食品メーカーで食材を充填する時に、
    容器の切り離しが上手く行かず、
    生産機にトラブルを発生させる原因ともなりました。




   ■ 今後の展望 ■

    HMC(ホットマジックカップ)は、
    スタッキングは従来の断熱性容器の約3分の1で、
    上記の問題点をすべて解消します。

    フィルムの収縮によって、お湯を入れると容器が変形するという“驚き”も
    この容器の特長で、“マジック”という名に相応しい。
    出展した展示会の反響も高く、海外を含めて多くの引き合いを受けています。

    特に、カップ胴部を手で包むように持つ習慣がある欧米圏での需要が見込まれるため、
    海外の展示会などへの出展も検討しています。



     ホットマジックカップ採用例。




製品のご紹介ページに戻ります。